せどりは安く仕入れて高く売るビジネスですが、ではどこで仕入れてどこで売ればよいのでしょうか。

●仕入れ先
せどりで売ることができる商品は、家具、家電製品、本、CD、DVD、健康関連器具、フィギュア、工芸品、育児用品などです。仕入れは実店舗やネットで行います。
店舗の仕入先は、家電量販店、スーパー、ディスカウントショップ、リサイクルショップなどです。
家電量販店では季節の変わり目やお正月など特別な行事があるときなどに安く販売されています。ディスカウントストアでは、スーパーなどよりも安く仕入れられることがあります。広告をよく確認しておくとよいでしょう。リサイクルショップでは、思わぬ掘り出し物が見つかるかもしれません。
家電量販店、ディスカウントストアなどといっても、ヤマダ電機、ケーズデンキ、などさまざまな会社があります。いろいろなところで商品を探してみるとよいでしょう。
ネットでの仕入れ先は、楽天市場、ヤフーショッピング、amazon、メルカリ、ヤフオクなどです。
楽天市場は楽天セールのときなど、低価格で仕入れることができます。メルカリやヤフオクなどのオークションでは、掘り出し物が見つかる可能性があります。上手くいけば低価格で仕入れられます。

●売り先
amazonは企業だけしか販売できないイメージがあるかもしれませんが、個人でも出店することができます。
amazonのよいところは、発送を行ってくれるサービスがあることです。月額料金と販売手数料がかかりますが、「フルフィルメントbyamazon」というサービスを利用すると、商品の保管、注文処理、発送、返品対応までをamazonが代行してくれます。
メルカリは手軽に始められる売り先です。写真を撮って、説明文章を記載して販売を行います。amazonでは取り扱っていない商品をメリカルなら売ることができます。特に若い女性向けの商品が売れやすい傾向があります。
ヤフオクでは、さまざまな商品がオークションに出品されています。オークション形式なので、うまくいけば高値で取引される可能性があります。メルカリと同様に写真を撮ったり、商品説明文章を記載する必要があります。
メルカリやヤフオクは自分で商品を発送する必要があります。

このような仕入れ先や売り先を利用して背どりを行います。それぞれの仕入れ先や売り先には特長があるので、いろいろと使い分けたりして上手に仕入れと販売を行ってみてください。